2014年01月17日

ノロウイルスの潜伏期間

ノロウイルスの潜伏期間(感染から発症までの時間)は24〜48時間で、
主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で、発熱は軽度(37〜38℃くらい)です。

症状は通常ですと1〜2日ほど続いた後、なおります。
また後遺症が残ることもありません。
ただし、免疫力の低下した老人や乳幼児では長引くことがあり、
激しい嘔吐や下痢による脱水症状に気をつける必要があります。

また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状のみの場合もあります。



posted by ノロウイルスにはラクトフェリン at 08:17| ノロウイルス 潜伏期間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。